ブログトップ | ログイン

urabefusako.

urabe78.exblog.jp

きらいな花


a0275515_1013527.jpg



祖母がお花の先生をしていたので
いつも、家には花が飾られていた

その影響か、花はいつでも身近な存在

子供の頃
引っ越しをくりかえした先に咲いていた

キョウチクトウ

そこでの生活が
嫌な思い出ばかりで
キョウチクトウが
嫌いな花になった

でもね。

花は
綺麗なのではなく
見る人が
綺麗と思わなければ

いつまで経っても綺麗なものではないのかもしれない


家の前に咲く
キョウチクトウ
が綺麗に見える

そんな自分が
少し
嬉しい。
by urabefusako | 2012-07-16 07:50 | oneself | Comments(2)
Commented by ホシノ at 2012-07-20 10:33 x
キョウチクトウ時代のモノです(笑)今は愛知ですが、機会があれば、昔中学生時代に見て衝撃を受けたアナタのお芝居をもう一度見てみたいです。応援しています。頑張ってください。愛知ではキョウチクトウはあまり咲いていません。
Commented by urabefusako at 2012-07-22 01:32
うれしい。見つけてくれてありがとうです。がんばりますっ。
<< 贅沢な散歩 100年 >>